国内のみならず海外からも注目を集める軽井沢の不動産

Real Estate

中古不動産を購入する際のチェックポイント

一戸建ての中古不動産を買う際のチェックポイントです。まずは外回りを確認しましょう。壁に不自然なシミがないか見ましょう。雨どいが詰まっていることもあります。隣地との境界も充て見ましょう。見落とすとトラブルの元ですよ。建物では基礎を確認しましょう。大きなひび割れがあると建物にダメージがあるかも知れません。

不動産内部は水回りを優先して見ましょう。水漏れのあとがあるかも知れません。漏水して土台が傷んでいる可能性もあります。もしも床下の点検口があれば、開けてもらい床下を確認しましょう。水漏れのあとが残っていたり、木材の劣化がわかったりします。白蟻被害は怖いですが、素人ではわからないので専門家に任せた方が無難です。

各部屋は扉がスムーズに開閉できるかチェックしましょう。壁紙は人が住んでいれば汚れたりするのは仕方ないので、あまり気にしないほうがよいでしょう。リフォームで対応可能です。天井裏が見えるならぜひ見せてもらいましょう。雨漏りがあればシミが残っているはずです。

不動産をチェックするときは、柱や土台など変更ができないものや取り替えの費用がかかるものから見ていきましょう。逆に壁紙や網戸のように安価にリフォームできるものはある程度目をつむりましょう。メリハリの効いたチェックをすることが大事です。